湯布院温泉で、赤ちゃん連れや子連れ家族旅行におすすめの人気温泉旅館・ホテル・宿・高級旅館をご紹介!貸切風呂や露天風呂付き部屋・離れがありファミリー向け、おいしい食事、部屋食、宿泊料が安い(または格安)、赤ちゃんプランで赤ちゃんと泊まれるなど、宿泊体験者の口コミで評判がいい宿ばかりです。

湯布院温泉(大分県)の赤ちゃん・子連れ旅行おすすめ宿を、厳選

湯布院温泉(大分県)は、九州の中でも人気のある有名温泉地。
露天風呂付き部屋や離れが多い温泉旅館が多いので、赤ちゃん連れや
子連れなどの家族旅行向け温泉地とも言えます!
このHPでは、たくさんある宿の中から、人気旅館・老舗高級旅館などをチェック、
子ども連れ・赤ちゃん連れで宿泊した人の口コミ評判がいいおすすめ宿を紹介します。
夏休みや年末年始、GW、紅葉狩りなどの湯布院(由布院)旅行プランにお役立てください。
また湯布院温泉から車で約20分の、情緒ある湯平温泉のおすすめ宿も紹介しています。

湯布院温泉:目的別おすすめ人気宿・ホテルは、ここ!

◆子ども連れ・赤ちゃん連れでも比較的安い、おすすめ温泉宿

湯布院は人気温泉地なので、温泉旅館やホテルの宿泊料金もやや高めになっています。そんな中、比較的安いけれど、子ども連れ・赤ちゃん連れで宿泊できる口コミで評判のいい温泉宿をピックアップしました。家族で気軽に湯布院温泉旅行をしたいとき、また宿代をおさえて他で贅沢をしたいとき、参考にしてください。
    >> 子供連れ・赤ちゃん連れでも比較的安い、おすすめ温泉旅館・ホテル


◆離れの部屋に泊まれる、子ども・赤ちゃん連れOKのおすすめ宿

離れの部屋に宿泊すれば、赤ちゃんが泣いても子どもがぐずっても、周りに気兼ねなく滞在できます。さらに部屋食(部屋出しの食事)があれば、子供連れ・赤ちゃん連れでも本当に気分的にラクに過ごせます。離れのある子供・赤ちゃん連れOKの宿で、評判のいいおすすめの旅館・ホテルを紹介します。部屋食があるかどうかも一緒にチェックできます!
    >> 離れの部屋に泊まれる、子供連れ・赤ちゃん連れOKのおすすめ温泉宿


◆食事がおいしい、子ども・赤ちゃん連れにおすすめの温泉宿

家族で温泉旅行をするなら、やっぱりおいしい食事も楽しみのひとつ!湯布院温泉は、おいしい食事の宿が多いことで有名ですが、特に食事が素晴らしいと評判の高い宿を紹介します。ここなら、朝食も夕食も大変おいしいのできっと家族全員、大満足できます。
    >> 食事がおいしい、子ども・赤ちゃん連れにおすすめの温泉宿


◆露天風呂が素晴らしいと評判の、子ども・赤ちゃん連れにおすすめの温泉宿

湯布院温泉で子ども連れ・赤ちゃん連れで宿泊できる、露天風呂・お風呂の口コミ評判がいい、おすすめ温泉宿を紹介します。温泉に行くなら、やっぱり気持ちのいい露天風呂や大浴場で思いっきりいいお湯を楽しみたいですね。
    >> 露天風呂が素晴らしい、子ども・赤ちゃん連れにおすすめの温泉宿


◆観光スポット「金鱗湖」に近い、子ども・赤ちゃん連れにおすすめの温泉宿

湯布院温泉に行ったら、やっぱり風情のある幻想的な金鱗湖には行きたいもの。子ども連れ・赤ちゃん連れだと移動が大変なので、いっそのこと金鱗湖に近い宿に宿泊すれば、ゆっくり子供たちとお散歩できます。そこで、金鱗湖に近くて子供連れ・赤ちゃん連れOKの、口コミ評判のいいおすすめ宿を紹介します。金鱗湖だけでなく、近くの「湯の坪ストリート」でいろいろお店を見るのもいいですね。
    >> 「金鱗湖」が近い、子ども・赤ちゃん連れで泊まれるおすすめ温泉宿


湯布院温泉(九州・大分県)の最新情報

湯布院温泉の紅葉絶景おすすめカフェとおいしいお店

湯布院の紅葉を楽しめる、気持ちのいい絶景カフェがあります。
湯布院の紅葉の時期は、10月中旬から色づきはじめ、
10月下旬~11月下旬頃が見頃。

今回はTV番組「ヒルナンデス」(2015年12月1日)で紹介していた
絶景カフェをご紹介します。紅葉だけでなく、
冬や新緑の春・夏にもおすすめのカフェや食事処です!

◆Cafe La Ruche(カフェ・ラ・リューシュ)

cafelaruche.jpg

金鱗湖の湖畔にあるカフェ。テラスに出れば、
金鱗湖をひとりじめしたような美しい景色!
秋は、金鱗湖の紅葉も美しく紅葉しています。

このカフェ・ラ・リューシュのおすすめドリンクは、
手づくりジンジャーエール。スライスしたジンジャーが入っています。
スッキリしていて甘くないので、食事にもぴったり。

cafelaruche4.jpg cafelaruche5.jpg

そして、おすすめの食事は、自家製黒豚ベーコンのクリームパスタ。
原木しいたけ、自家製黒豚ベーコン、そしてじゃがいもなどをベースとした
クリームソースのハーモニーが、とてもおいしく体にやさしいパスタです。

朝は、モーニング・プレートセット(1080円)が人気!
特製のブルーベリージャムをたっぷり乗せたヨーグルト、
地元野菜や生ハムのサラダ、ウィンナーや、デニッシュ風の食パンなどがセットになっています。

金鱗湖の周りは散策もできます。
金鱗湖には温泉が湧いているので、湖の水は冬でもぬるく感じます。
寒い朝は冷たい空気との温度差で蒸気が立ち込め、とても神秘的!

cafelaruche2.jpg cafelaruche3.jpg

紅葉はもちろん、どの季節にもおすすめのカフェです。

大分県由布市湯布院町川上1592-1
[月~土] 9:00~17:30 (OS:17:00)
[日・祝] 7:00~17:30 (OS:17:00)
0977-28-8500
無休
由布院駅よりタクシー5分、徒歩25分

◆茶房 天井桟敷(てんじょうさじき)

湯布院で有名な「亀の井別荘」の敷地内にあるおすすめカフェ。
名前の通り元は屋根裏ですが、古民家風なクラシックな雰囲気に
ファンが多くいます。

cafetenjo1.jpg

窓からは金鱗湖が見えて、秋は、まるで絵画のように湯布院の紅葉を楽しめます!

cafetenjo2.jpg

このカフェで有名なおすすめメニューは、「モン・ユフ」。
冬の由布岳をイメージした、デンマーク産のクリームチーズに
生クリーム・レーズンをトッピングした、レアチーズケーキのようなスイーツ。
大変人気があり、多くのファンがいます。

cafetenjo3.jpg

大分県由布市湯布院町川上2633-1 亀の井別荘内
9:00~18:00
無休
0977-85-2866
由布院駅よりタクシー5分、徒歩25分

◆ここも、行きたい!ジャズ羊羹が人気の「クリークス(CREEKS)」

雑貨なども一緒に販売している、ギャラリーカフェ「クリークス」。
金鱗湖から徒歩10分ぐらいの国道216号線沿いにあります。

ここは、和風洋菓子「ジャズ羊羹」が人気!
ワインとの相性がいい、黒糖ベースでドライいちじく入りの羊羹です。
通販もしていてお取り寄せができますが、湯布院に行ったらぜひお店で食べたいですね。

cafecreek1.jpg cafecreek2.jpg

冬は、「ジャズ羊羹 チョコレート」を限定発売。
高級チョコ(クーベルチュール)をたっぷり使い、ドライいちじく、
チェリー、レーズンなどが入っていいます。製造が難しく販売数も限定。

お店では、ワッフルやカレー、ハンバーグなどの食事もできます。

大分県由布市湯布院町川上3009-6
11:00~20:00
不定休
0977-84-3838

◆日本料理 山椒郎(サンショウロウ)・・・美しくおいしいお弁当が人気!

c-sansyoro.jpg

湯布院に行ったら、ぜひ行きたいという人が多い日本料理の名店。
お弁当「合わせ箱」が有名で、30種類以上の野菜が入っていて、
それぞれに違う調理方法で丁寧に調理されています。

c-sansyoro1.jpg

湯布院料理界のトップのひとり、新江憲一さんのお店。
由布岳を見ながらいただける食事やビールは、最高!
ディナーもあり、ディナーは予約可能。由布院駅から600m位です。

大分県由布市湯布院町川上田中2850-5
11:00~15:00(L.O.14:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)
0977-84-5315
水曜日定休

湯布院温泉とは

温泉ランキングなどでも一度は行ってみたい温泉と、人気の高い九州大分県の湯布院温泉。クオリティの高い温泉リゾート地で、魅力がいっぱいの宿がたくさんあり、地元の素材を生かした美味しい食事やお洒落な観光スポットがいろいろあります。

湯布院温泉は、由布岳の山麓にある盆地に位置する温泉地。そして由布岳は、「豊後富士」とも言われる美しい山。中心地は、JR由布院駅から金鱗湖あたりまで。構内にはギャラリーもありアートな雰囲気がある由布院駅を出て、由布岳に向かって歩き白滝橋を越えると、湯布院温泉のメインストリート「湯の坪街道」。お洒落なショップやカフェがあり、その先には金鱗湖、と素敵な雰囲気です。

湯布院温泉には、大きく分けると3つのエリアがあります。
湯布院温泉の山の手といわれる「鳥越地区」、金鱗湖周辺も含む一番にぎやかな「川上地区」、そして湯布院ICそばの「川北地区」。川上地区は、レンタサイクルでも回れますが、「鳥越地区」「川北地区」は、車があったほうが便利です。

◆湯布院温泉の原点

湯布院の街づくりをリードしたのが、「亀の井別荘」「湯布院 玉の湯」「山のホテル夢想園」のオーナーたち。「ドイツの滞在型保養温泉を目指す」という目標をもち、50日間にわたって私費でヨーロッパを視察。そこで得られた街づくりの考え方が、今の湯布院温泉の減点となっています。

湯布院の主な観光(1)

湯布院温泉には、美しい自然や歴史を感じる観光地も、また美術館やショップが集まったメインストリートのような観光地もあります。ここでは、自然や歴史を鑑賞できる主な観光地を紹介します。

◆由布岳

由布岳は、湯布院盆地の北東部にそびえる標高約1584mの名峰。トロイデ型をした美しい姿は「豊後富士」とも言われます。古くは、『万葉集』にも由布岳のことが詠まれています。由布岳からは、遠く、九重の山々を見ることが出来ます。

◆狭霧台(サギリダイ)
大分県由布市湯布院町川上野々草1946-14

湯布院の美しい町並みを一望することができる、絶景の展望場所。秋から冬にかけては、美しい朝霧が見られます。多くの観光客が立ち寄り、ドライブ途中の休憩スポットにも最適です。

◆塚原温泉火口乃泉
大分県由布市塚原1235番地

湯布院温泉から行くと、由布岳の向こう側にある塚原温泉。その鶴見連山のひとつである伽藍岳にある「塚原温泉火口乃泉」。噴煙が立ち昇る火口を見学できます。阿蘇山などよりもより近く火口に行けるので、かなりの迫力。また、立ち寄り温泉がありますが、日本三大薬湯とされており、酸度がとても強い湯。「別府八湯もかなりパワーがありますが、ここは別格で大分県一のパワーのある温泉」と言う人もいます。体が芯から温まり、病気が治るという言い伝えもあります。一味違う湯布院を体験できます。

◆佛山寺(ブッサンジ)
大分県由布市湯布院町川上1879
 
湯布院の杉と竹林の中にある臨済宗の古刹。由布岳の山の神とされています。かつて由布岳の草庵に安置されていた石造観音菩薩が、移設され今はここにあります。例年7月18日に山霊祭が執り行われています。また、座禅や写経の体験などもできます。

湯布院の主な観光(2)

湯布院温泉にある、美術館やお洒落な観光地を紹介します。湯布院温泉に行くなら、自然や歴史の観光だけでなく、こんな素敵なところを訪れてみるのも思い出になります。

◆金鱗湖と金鱗湖周辺

金鱗湖は、JR由布院駅から徒歩約20分。湖底の半分から温泉、もう半分からは冷泉が湧くといわれており、冬も水温が高くなっています。「金鱗湖」の名前の由来は、光に反射した魚のウロコで水面が金色に輝いて見えたことからです。

湖畔には、温泉旅館やレストラン、お土産やさんなどが立ち並び、金鱗湖の水鳥たちや、湖畔の緑、自然を眺めながら優雅な時間が過ごせるので人気です。金鱗湖に面したテラスのあるレストランもあり、朝食やお昼、夕食が愉しめます。

◆湯の坪街道

湯布院温泉のメインストリートで、JR由布院駅から徒歩約6~15分。金鱗湖から約2キロぐらいのストリートです。通りに面したショップだけで約70店ありますが、湯の坪地区景観協議会によって、街の雰囲気が保たれています。

この通りには、『湯布院トリックアート迷宮館』(だまし絵専門の美術館で、「逆さの空間」では天井を歩いているような錯覚を覚えたりして不思議な体験ができます)があります。

◆マルク・シャガールゆふいん金鱗湖美術館
大分県由布市湯布院町川上岳本1592-1

金鱗湖の湖畔にある、マルク・シャガール(ロシア出身の20世紀を代表する画家)の作品が展示されている美術館。2階が展示室となっており、1階にはカフェがあります。

◆由布院ステンドグラス美術館

アンティークなステンドグラス(19~20世紀のもの)を照明を透過して見られるよう展示してあり、またアールヌーボーのガラス美術工芸品も展示されている「ニ-ルズハウス」、素晴らしいステンドグラス・ウィンドウのある「聖ロバート教会」の2棟があります。英国風の雰囲気の中で美しいステンドグラスを鑑賞することができ、特に「ニ-ルズハウス」は見ごたえがあります。

◆山頭火ミュージアム時雨館(湯平温泉)

湯布院の奥座敷といわれる、すぐ近くの湯平温泉にあります。昭和5年にこの地を訪れた放浪の俳人・種田山頭火の作品が展示された、古民家を改装した無人のミュージアム。その他に、各地の若手作家の絵画や書なども展示されています。毎年11月に山頭火店が行なわれています。

赤ちゃん連れ・子ども連れ旅行の宿選び注意点

赤ちゃん連れ・子ども連れでの旅行は、宿選びに慎重になりますね。
子どもや赤ちゃんの宿泊が少ない宿では、周りに気兼ねをしたり、
宿の人もあまり慣れていないことがあります。

大人ばかりが入っている大浴場に小さい子どもと入って、
冷たい視線を感じた、というママもいます。

せっかくの湯布院温泉旅行が嫌な思い出にならないよう、いい宿を選びたいですね。
このHPでは、ファミリーが泊まっても嫌な思いをしない、赤ちゃん・
子連れ歓迎の宿を厳選紹介していますが、宿泊する側にもマナーが必要。

まず、赤ちゃん・子どもの年齢や人数は、予約時に正確に伝えましょう。
宿が用意する浴衣などの大きさや、アメニティにも影響します。

また予約をしたら、宿泊する部屋の掛け軸や置物など、
壊したら困るものは撤去しておいてくれるようお願いしておくと
迷惑をかけることもありません。


食事中などは、子どもはどうしても飽きてしまいます。
好きなおもちゃや、ジュースなど、持参しましょう。
また宿の食事時間は、日常の生活と違い、少し早めかもしれません。
夕食にはお腹が空いているように気をつけ、また朝は
早朝お腹が減ってもいいように、前夜におにぎりを頼むなどするといいでしょう。

もし子どもにアレルギーや苦手なものがあれば、前もって伝えましょう。

宿に子ども用浴衣があると子供も喜びますが、なかなかそういう宿は
少ないので、寝巻き類は持参していったほうが無難です。
サイズが合わないこともあります。

電車で行く旅行なら、駅に近い宿がいろいろと便利です。または、
宿に送迎があり、都合に合った送迎をしてくれるか確認しましょう。
帰りに駅まで送ってくれても、電車到着まで長い時間待つことになる
ような送迎では疲れてしまいます。

湯布院温泉には、部屋付きの温泉風呂や温泉露天風呂が充実した宿、
離れの部屋がある宿が多いです。宿泊料金はそれなりにしますが、
せっかくの旅行なので、思い切ってそういう部屋に泊まるのも、いいものです。

由布岳の見られるそういう宿なら、部屋でゆっくりファミリーで
愉しむだけでも、とてもいい思い出になるものです。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0